BACK
TOP

しみの治療

しみにはいろいろな種類があります。老人性のシミやそばかすはQスイッチNd:YAGレーザーを使用します。通常は1回の治療で良好な結果が得られますが、複数回の治療が必要な場合があります。この治療でははっきりとしたかさぶたが出来ること、4割の人が炎症後の色素沈着を起こし、一時的に以前より濃いしみを作るという欠点があります。炎症後色素沈着は6ヶ月ほどで消退します。

しみの数が多い場合、顔全体が黒ずんでいる場合は光治療器を使用したほうが良いでしょう。炎症後色素沈着はほとんどおきません。月に1度4回ほどの治療をします。顔全体が明るくなります。定期的なお手入れとして使うこともおススメです。

30〜40歳代の方の場合、肝斑が生じていることが多いです。この場合通常のレーザー治療は出来ません。レーザートーニングが有効です。肝斑を含む複数の種類のしみが混在している場合、まずレーザートーニングで肝斑の治療を優先して行います。

レーザーや光治療器でしみが軽快した後は、トラネキサム酸やビタミンA、Cのエレクトロポレーションによる導入を2〜4週間に一度、定期的に行うと良いでしょう。